平成心学塾 経営篇 人は、かならず「心」で動く #030

「学のマネジメント」〜学びは人間学と職業学にきわまる

 

 マネジメントの世界で「ラーニング・オーガニゼーション」という言葉が流行した。イノベーションを巻き起こすための「学習する組織」のことで、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学部教授のピーター・センゲの主唱する経営コンセプトである。
「学習する組織」を構築するためには、五つの要素が必要である。すなわち、1、システム思考。2、個人の視野を明確にする自己マスタリー。3、固定化されたイメージであるメンタル・モデルの克服。4、共有ビジョンの学習。5、チーム学習である。この5つの要素はばらばらに展開するのではなく、システム思考によって各要素が統合される。こうして全体がまとまり、一貫した理論と実践の総体がつくられるのである。
「ビジネスウィーク」誌では、この「ラーニング・オーガニゼーション」を「リエンジニアリング」「コア・コンピタンス」とともに三大経営コンセプトとして紹介しており、多くの欧米企業のトップが重視している。
私も、センゲの著書『最強組織の法則』を一読してから「ラーニング・オーガニゼーション」という言葉に取りつかれた一人である。
当社は、業界で初めてTQCを導入したり、やはり業界初でISO9001を取得したり、厚生労働省認定技能審査の一級葬祭ディレクターの人数で日本一を達成したりと、もともと学習志向の強い会社であったが、それは何よりもホスピタリティ企業として高品質のサービス、お客様の心にひびくサービスの提供を究極の目的としている。ただの道楽で学習しているわけではないのだ。
「何のために学ぶのか」という問題について、安岡正篤は「人間学」というものを提唱している。彼は、広い意味において道徳的学問・人格学、これを総括して人間学というならば、この人間学が盛んにならなければ本当の文化は起こらず、民族も国家も栄えないと述べている。
学問というものを分類すると、三つに分けることができる。一つは「知識の学問」である。これは今日の学問を代表するものと言ってよいが、知識の学問のみが学問ではなく、学問にはもっと根本的性質の区別がある。それは「智慧の学問」というべきものだ。
知識の学問と智慧の学問では非常に違う。知識の学問は、私たちの理解力・記憶力・判断力・推理力など、つまり悟性の働きによって誰にも一通りできるものである。子どもでもできる、大人でもできる、善人もできる、悪人もできる。程度の差こそあれ、誰でもできる。その意味では機械的な能力だが、しかしそういうものではなく、もっと経験を積み、思索や反省を重ねて、私たちの人間としての体験の中からにじみ出てくるもっと直観的で人格的な学問を智慧の学問と呼ぶのだ。だから知識の学問より智慧の学問になるほど、生活的・精神的・人格的になってくるのである。
それを深めると、普通では容易に考えられない徳に根ざした、徳の表れである「徳慧の学問」になる。これは「聖賢の学」であり、安岡の言う「活学」にも通じるものだ。
安岡は陽明学者として、知識よりも実行を重んじ、その理想を孔子に求めた。孔子の学問というものは、もっぱらこれを身体で実行するにある。だから門人の質問する一つひとつの条目はみんな自分の為さんとするところを挙げて質問している。知識の問題ではなく、実行の問題である。だから孔子の答えも各人によって異なり、たいていはみな偏を矯め、弊を救い、裁縫するように長所をたち、短所を補い、以てこれを正に帰すだけである。例えば、患者の症状に応じて、名医が薬を調合するようなものだと言えよう。
そして、安岡の学問に取り組む基本姿勢として、知識、見識、胆識がある。知識とは情報量のことで、理解力と記憶力があれば、誰でも身につけることができる。本を読んだり、見たり聞いたりすれば、知識を増やすことができ、いわば大脳皮質の作用である。ところが、これだけでは実行につながらない。
頭の中の知識は、鍛錬を通じ、見識となっていく。大切なことは、自己鍛錬を通して判断力が育つことだ。知識に自ずからその人の人格がにじみ出て、一種の気品が生まれてくる。行動に清々しさが出てくるのである。
胆識とはさらなる鍛錬によって培われてくる度胸のことで、「あの人は肚(はら)が坐っている」と言われるのと同じことだ。困難な事態に直面しても、騒がず、取り乱さず、あらゆる抵抗を排除して、断乎として闘っていく。「自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖(いえど)も吾れ往かん」と『孟子』にある、あの気概である。知識は見識に至り、胆識に至って、初めて現実を変えていくことのできる実行力となるのだ。
「学び」にもいろいろな学び方があるが、これを大別すれば人間学と職業学になる。安岡によれば、この二つの学問が車の両輪になって初めて学問と言えるという。そして、この二つの学問を修めた人物といえば、松下幸之助であろう。自らは小学校を4年生で中退した松下であったが、94歳で無くなる直前、大学を建設する計画が持ち上がった。
松下の夢は、その大学の理事長になるということではなく、自分が第1号の学生になりたいということであった。「まだまだ勉強せんといかんもんが、いっぱいあるわけや。勉強しようと思うんや」と本気で語り、時間割まで考えていたという。その学ぶことに対する姿勢と熱意には、ただ頭が下がるのみだ。